消費者金融と三菱東京UFJ銀行バンクイック、ログインは意味がない?

もうひとつ、消費者金融と三菱東京UFJ銀行バンクイックなどの銀行では大きな違いがあります。
それはログインをして受けることができるサービスの違いです。

消費者金融の場合、うけることができるサービスが多いこともさることながらそれらをログイン画面で行うことができます。
インターネットからの返済をすることもできますし、これもまたログインをしてからであれば簡単です。
レイクを例えるならばweb返済があり、会員ページに進んでからweb返済を選択して自分の金融機関を選択し、あとは返済をするだけです。
借り入れもまた簡単であり、atmに向かわなくても自分の口座に振り込みをしてもらう形でのキャッシング方法があります。
振込キャッシングと呼ばれているサービスです。
今では大半の消費者金融がこの振込キャッシングに対応しています。
また、契約内容の変更も暗証番号の変更も会員サービスから行うことができますので携帯電話やスマートフォン、パソコンがあればカードを持ち歩かなくても利用していくことができます。

反対に三菱東京UFJ銀行バンクイックの場合、これは銀行全般にいえることではありますが会員サービスにログインすることにあまり意味があるとは言えません。
確認できるのは簡単な明細くらいのもの。
さまざまなサービスが用意されてはいませんのでログインをしてまで何か作業を行うということはめったにないでしょう。
ちなみに明細はatm利用時に発行されるものと変わりありません。
参考サイト